医療サービス


内視鏡検査(胃カメラ 大腸カメラ)

内視鏡検査とは

日本人の死亡原因1位の悪性腫瘍(がん)。
そのなかでも胃がん、大腸がんの割合は上位を占めています。
食道がん、胃がん、大腸がんおよびその前がん病変である大腸ポリープは一般に症状がなく、進行してはじめて自覚症状が現れます。
それらのがんの発見には内視鏡検査が不可欠です。そして検査機器の発達により早期発見が可能となってきており、体への負担が少ない治療で完治することも少なくありません。


また、腹痛、胸やけ、食欲不振といった症状の原因となる胃・十二指腸潰瘍や逆流性食道炎などの診断も内視鏡検査によります。

当院の内視鏡検査の特徴

鎮静剤、鎮痛剤を使用した苦痛の少ない検査(鎮静剤を使用した場合、検査後の車の運転や機械の操作、重要な仕事はできません。ご家族の送迎もしくは公共の交通機関で来院ください。)

心電図・酸素濃度のモニター監視

検査後の腹部膨満予防のため、炭酸ガス送気を使用

全自動機械洗浄による感染予防


FujifilmのLASEREOシステムを導入し、病変を拡大観察する機能の付いた内視鏡検査が可能となりました。また、細径のスコープも導入しましたので、のどの違和感も以前の検査(当院比)より改善されています。

高周波装置、ジェット洗浄装置も常備しておりますので、大腸のポリープ切除などの内視鏡手術も可能となっております。

大腸内視鏡検査では炭酸ガスを使用して検査を行っていますので、通常の空気送気システムより腹部からのガス消失が早く、検査後に感じる膨満感の軽減に役立っています。

内視鏡検査機器

使用機器のご紹介

BLI (Blue LASER Imaging) 画像

短波長狭帯域光観察BLIは、表層血管観察に適した短波長レーザー光を照射して得られる高コントラストな信号に画像処理を行うことによって、血管や表面構造の観察 に適した画像を表示するものです。(参考:Fujifilm homepage)

通常観察 BLI-bright BLI-bright 拡大観察
腸管の中に色調の異なる領域が
認められます。
同定しにくかった病変が茶色の
構造物として認識されます。
拡大すると血管構造が鮮明に描出
され、腺腫であることがわかります。

LCI (Linked Color Imaging)

波長の異なる「白色光観察用レーザー(白色光用レーザー)」と「狭帯域光観察用レーザー」の2種類のレーザー光による病変観察が可能な内視鏡システム「LASEREO」用の画像処理機能です。

「LCI」は、粘膜色に近い色の彩度差・色相差を拡張する画像処理を行うことで、粘膜のわずかな色の違いを強調して、炎症の診断をサポートします。(参考:Fujifilm homepage)

通常観察 LCI観察
  粘膜の萎縮領域が観察しやすくなり、同部の
色調の変化から病変の同定をおこないます。
炎症を伴うと赤色が強調されます。

検査後

検査後は診察室でモニターを見ながら結果説明をおこないます。組織検査を行った場合やカプセル内視鏡検査を行った場合は結果説明を再度後日行います。直接モニターを見ながら説明しますので、状態を詳しく確認することができます。

日本消化器内視鏡学会専門医 指導医 鴻江勇和

当院は胃がん大腸がん精密検査機関に認定されています。
また、安全で苦痛の少ない内視鏡検査を行っています。

※当院はカプセル型内視鏡も導入しており、スコープを挿入する行為が困難な方や他院で全大腸検査が困難であった方でも検査が可能となっております。適応症などがありますので、検査を希望される方は受診されてください。

大腸カプセル内視鏡検査

大腸カプセル内視鏡検査とは

◎保険適用条件

大腸内視鏡検査が必要な方で
①大腸ファイバースコピーを実施したものの、盲腸まで到達できなかった方
②腹部手術歴などで癒着が想定される場合や、器質的異常によりファイバー挿入が困難であると判断された方


◎検査時間

個人差はありますが、3〜5時間程度かかります


◎検査手順

検査前日

お食事は注腸検査用検査食になります。 夕食後に注腸検査用の下剤(腸管洗浄剤)を内服していただきます。


検査当日

9時から病院で、センサーなどの機械を装着します。

カプセル内視鏡を飲み込みます。

カプセルが小腸に到達したのを確認したら下剤を服用します。

小腸到達の1時間後にも下剤を服用し、2時間後から食事を開始することが可能なこともあります。

カプセルの排出を確認したら、検査終了です。カプセルは回収キットを使ってカプセルを回収します。

センサーなどの機械を外して検査終了です。 データは解析後、後日外来で説明します。

メリット・デメリット

メリット

  • 空気を入れたり、腸管が伸びたりすること
    がないので、検査中の苦痛がありません。
  • 肛門周囲を見られたり、触られたりする
    ことがないので恥ずかしくありません。
  • 大腸ファイバースコピーが施行困難例に
    対しても検査を行うことができます。
  • 鎮静剤が不要です。

デメリット

  • ポリープなどの切除や組織採取ができません。
  • 大腸ファイバースコピーによる
    検査よりも若干高額になります。
  • 3〜5時間程度かかり、時間を要します。
  • 腸管に病変がある場合、カプセルがつまり、
    開腹手術で摘出しなければならない場合があります。

このページの先頭へ

診療時間

平日

9:00〜12:00
14:30〜18:00

第1・第3・第5土曜日

9:00〜12:30

休診日

日曜日・祝祭日・第2、第4土曜日

※急患はこの限りではありません

診療科のご案内はこちら

  • 外来受診のご案内
  • 入院のご案内

内視鏡について

肝炎外来

神経内科について

禁煙外来

  • お見舞いメール
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス

ケアポート緑ヶ丘

介護老人福祉施設 白寿園

新生翠病院 Facebookページ