医療サービス

リハビリについて

私たちは「より良い人生を送る」ためのリハビリテーションを行なっています

「リハビリテーションとは、機能回復訓練(関節の曲げ伸ばしやマッサージ、歩行訓練など)」ととらえがちですが、別には広い意味がありまして「リハビリテーション」(Rehabilitation)は、re(再び、戻す)とhabilis(適した、ふさわしい)から成り立っています。
つまり、単なる機能回復ではなく、「人間らしく生きる権利の回復」や「自分らしく生きること」が重要で、そのために行われるすべての活動がリハビリテーションなのです。

つまり、今までリハビリテーションとは、怪我、病気、老化現象などさまざまな原因によって生じた心身の障害に対して、その障害が元の状態に戻るような訓練を行なうことだと考えられがちでした。
しかし現在は、障害を治すだけでなく、障害を持った人が障害を持ったままでも、生まれ育った地域でよりよい人生を送ることができるよう、サポートを行なっていくことが重要であると考えられています。


そのためには、私達は、今までの生活の中で、「できなくなってしまったこと」や「こんなことがしたい」という希望に対して、本人を支える人々やリハビリテーションによって、残された能力を最大限にひきだし、1人1人の人生に合った生活能力を獲得し、豊かな人生(QOLという)を送るようになることが大切なのです。


障害は、人によって違います。その人にあったリハビリテーションがありますので私達は一方的に、あるいは独善的にならぬよう、その人に添うよう生活に即したリハビリを奨めてまいりたいと考えています。

リハビリテーション科の理念

  • 荒尾地域の医療機関として、先進的かつ高度な医療の提供を行います。
  • 患者・家族の立場に立った医療の実施に努めます。
  • チーム医療に徹し、最善の医療を提供できるように努めます。
  • インフォームド・コンセントに忠実な医療の実践に努めます。
  • 医療者としての使命感に情熱を燃やし続けます。

リハビリテーション科の施設基準

医療保険

  • 脳血管などのリハビリテーション Ⅱ
  • 運動器リハビリテーション Ⅱ

介護保険

  • 理学療法 1(体制強化加算取得)  
  • 作業療法
  • 言語聴覚療法

スタッフ

  • 理学療法士 5名
  • 作業療法士 1名
  • 言語聴覚士 2名(1名休職中)
  • リハビリテーション助手 1名

理学療法科の対象疾患

理学療法の対象者は主に運動機能が低下した人々ですが、そうなった原因は問いません。病気、けがはもとより、高齢や手術により体力が低下した方々などが含まれます


当院のリハビリの対象となられる方は脳卒中や頚部骨折の後遺症の方、パーキンソン病の方など等様々な方が多いのですが、入院されてくる人が、上記の疾患に加え、認知症や慢性の肺疾患、心疾患、廃用症候群による筋力低下などを複数の疾患を合併されている人が多いことが特徴といえます。


また、後期高齢者の方の入院が多く、80歳台~90歳台の方の入院もめずらしくありません。

発症からの経過

発症から1ヶ月~2ヶ月ほど経過してから入院されてくる人が多く、病状が安定し、いわゆる回復期~慢性期の方が主に入院されています。

このページの先頭へ

診療時間

平日

9:00〜12:00
14:30〜18:00

第1・第3・第5土曜日

9:00〜12:30

休診日

日曜日・祝祭日・第2、第4土曜日

※急患はこの限りではありません

診療科のご案内はこちら

  • 外来受診のご案内
  • 入院のご案内

内視鏡について

肝炎外来

神経内科について

禁煙外来

  • お見舞いメール
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス

ケアポート緑ヶ丘

介護老人福祉施設 白寿園

新生翠病院 Facebookページ